5/18(金)・19(土)☆ 愛知県芸術劇場&SPAC共同企画・ながす未来館自主文化事業公演 『寿歌《ほぎうた》』☆

HogiutaAAF_0229HogiutaAAF_0564HogiutaAAF-G_0104HogiutaAAF_0371

本作は劇作家 北村 想 氏が1978年に発表した作品で、80年代に《演劇の歴史を変えた》とも言われる戯曲です。

愛知県芸術劇場とSPAC-静岡県舞台芸術センター初めての共同企画。長年、愛知を拠点に活躍している北村 想の代表作をSPAC芸術総監督 宮城 聰が演出します。

30年以上日本全国で上演が絶えない戯曲から立ち上がる『今』とは…。ぜひお立会い下さい。

【ストーリー】核戦争後の廃墟と化した荒野を放浪する旅芸人2人ゲサクとキョウコ。

そして、風の中から現れたヤスオと名乗る男、男女3人が繰り広げるちょっと不思議な物語☆

 

チケット好評発売中です☆

お問い合わせはながす未来館まで!皆様のご来館を心よりお待ちしております☆

【愛知県芸術劇場&SPAC共同企画・ながす未来館自主文化事業公演 『寿歌《ほぎうた》』】

◆とき:平成30年5月18日(金)・19日(土)

◆場所:ながす未来館 文化ホール

◆時間:両日とも【開場】13:30【開演】14:00

◆チケット料金:一般 2,000円、高校生 1,500円(中学生以下 無料)

◆チケットプレイガイド:ながす未来館、荒尾総合文化センター、玉名市民会館、一茶園、セブンイレブン(お近くのセブンイレブンにて3月17日より取扱中です)

※全席自由となっております。

主催・お問い合わせ先:ながす未来館 (ながす未来館指定管理者共同事業体)   TEL (0968)69−2005

助成:一般財団法人 地域創造

《ながす未来館Facebookページ》 https://www.facebook.com/ながす未来館-433560476821513/posts